コラーゲン化粧品の効果が凄い!

美肌のために必要な成分がいろいろと叫ばれているものの、やはりコラーゲン人気は衰えることがありません。
では実際にコラーゲン配合化粧品にはどんな効果があるのでしょうか、今一度確認してみましょう

肌の潤いをキープする

コラーゲン配合化粧品をただ表面に塗るだけなら得られる効果は肌の表面にツヤを与える効果に留まります。
もちろんこれも水分の蒸発を防ぎ、潤いを守ることになるのでいいのですが、分子量の大きなコラーゲンだけが配合されている化粧品では肌の内側まで浸透しません。
ですから得られる効果は肌の潤いを保つ効果となるのです。

低分子コラーゲンなら肌の内側に作用する

低分子化されたコラーゲンを配合したコラーゲン化粧品なら肌の内側まで浸透し、真皮層のコラーゲンをサポートしてくれます。
加齢ストレスなどで崩れたコラーゲン線維を補強し、肌のハリ、弾力、ツヤをアップしてくれます。
低分子という表現ではなく、ナノ化という言葉を使っている化粧品もあります。

コラーゲン化粧品が肌にいい理由

なぜコラーゲン化粧品が肌にいいのかというと、保水効果および肌と親和性があるためです。
コラーゲンの大半が親水性アミノ酸であり、繊維状たんぱく質となっているため表面積が非常に広く、保水効果がアップします。
そのため肌に塗ると水分保持に役立ち、乾燥を防いでシワたるみを予防改善してくれます。

その結果、皮脂が過剰に分泌されるのも予防することができますから、皮脂が毛穴に詰まってできるにきび吹き出物も予防できるのです。
プラスしてバリア機能をアップする効果もありますので、紫外線外的刺激から肌を守ることができ、シミ、ソバカスといった肌トラブルも防ぐことが可能となります。

このように、コラーゲンは万能の美肌成分と言えるでしょう。
コラーゲン化粧品を選ぶときは、肌の表面で作用する高分子コラーゲンと、肌の内側に作用する低分子コラーゲン両方を配合しているものを選ぶことがベストです。
さらにビタミンCヒアルロン酸、エラスチンといった美容成分を一緒に配合しているものを選び、コラーゲンの働きとの相乗効果を狙いましょう。

page top

オススメは生コラーゲン化粧品!

コラーゲンは実は1種類ではなく30種類以上あるということをご存知でしょうか。
その中で三重の螺旋構造を持ち、保湿ケアに優れているのが生コラーゲンです。
生コラーゲンを摂取することで肌を潤いで満たし、保湿力をアップすることができるのです。

肌のコラーゲンと構造が同じ

生コラーゲンの特徴は皮膚の中にあるコラーゲンと同じ構造を持っているということです。通常皮膚内のコラーゲンは繊維状に張り巡らされており、肌のハリをサポートしています。
コラーゲンは体内で産生されているのですが年齢とともにその能力は落ちてしまうため、外から補給することが望ましいのです。

生コラーゲンを皮膚の内側に与えると細胞とよくなじみ、乾燥、シワ、くすみなどを予防、改善してくれます。
すると決めの整った美しい肌へと生まれ変わるのです。

一般的なコラーゲンとの違い

一般的な化粧品に含まれるコラーゲンは加熱処理がされています。加熱処理がされているということは本来のコラーゲンの形をしていないということです。

そのため三重螺旋構造を持つ生コラーゲンは浸透性も高く保湿効果が非常に高いのですが、一般的なコラーゲンや低分子化されたコラーゲンはそれよりも保湿力が弱くなってしまうのです。

一般の方にアンケートをとったところ、保湿効果があると思われる成分の第1位コラーゲンで74%もの方が指示しました。

一方で生コラーゲンは28%と低く、認知度はまだまだ低いといえるでしょう。コラーゲンは体の中で生成されるものですが30代後半になるとその量は一気に減ってしまいます。
するとハリや弾力、保湿力も低下してしまい肌老化が始まってしまうのです。そのためにコラーゲンを補給するのですが、普通のコラーゲンよりも生コラーゲンの方がサポート力は優れているということなのです。

生コラーゲン体験談

実際に生コラーゲンを使ってみたという方々の声を集めてみました。

「一般的な化粧品と違って肌にどんどん吸い込まれていくのが実感できる」

「肌が潤いを取り戻してきた」

という声が多く見られます。

今はエステサロンなどでも多く取り入れられており、生コラーゲンの力を実感している人が増えています。
生コラーゲンを使うと目もとの小ジワクマ、たるみも目立たなくなり、ほうれい線も薄くなったという体験談が続出しています。

コラーゲン化粧品を選ぶポイント・・・

  • 浸透率が高い低分子化されたコラーゲンを配合している事
  • 高分子化されたコラーゲンも同時に入っていると尚良い
  • 生コラーゲンなら通常のコラーゲンの2倍以上も保湿力がある

↓生コラーゲン化粧品はこちらから!

page top

コラーゲン化粧品ランキング

リポコラージュ ラメラエッセンス

生コラーゲンを角質層まで浸透できる美容液!

リポコラージュ ラメラエッセンスはお肌とほぼ同じ成分でできたラメラナノカプセルに生コラーゲンを巻きつけたフェース生コラーゲンによって角質層まで浸透させる事ができるので実感力が段違いの生コラーゲン美容液です。カサカサ肌の方は特に即効性抜群でプルプル肌になれると人気になっている商品です。ヒアルロン酸やエラスチンも配合しています。

価格 単品(9.8mL):6,069円(税込)
定期(9.8mL):6,069円(税込)
(※定期コースなら石鹸や化粧水もセットでお得)

生コラーゲン◎、ナノ化◎

ニッピコラーゲン スキンケアクリーム

コラーゲンの国内シェアNo.1がコレ

ニッピコラーゲン スキンケアクリームは生コラーゲンの生みの親が開発した元祖生コラーゲン化粧品。コラーゲン原料の国内シェアNo.1の会社が販売する商品です。非加熱の生コラーゲンでさらに肌の奥まで浸透するナノコラーゲンだから今までのコラーゲンとは実力が違います。最強のコラーゲン化粧品といえば間違いなくこの商品です。今ならお試し価格でご購入できます。

価格 単品(15g):1,280円(税込)

生コラーゲン◎、ナノ化◎

VALANROSE(バランローズ)

1本5役で使えるオールインワンの生コラーゲン美容液

VALANROSE(バランローズ)はオールインワンで1本5役として使える美容液。生製法にこだわりコラーゲン、プラセンタ、セラミド、ヒアルロン酸、ローヤルゼリー、ホホバオイルなどを生のまま配合。とろっとろだけどベタつかない美容液で、無添加だから肌に優しいのもポイントです。高級なダマスクローズオイル+アルバローズオイルも配合しているのは凄いです。

価格 定期(120mL):1,080円(税込)

生コラーゲン◎、ナノ化×

to top

通常のコラーゲン化粧品が効かない理由

一般的なコラーゲン化粧品を使っている方の中には効果がいまいち得られないという方もいるでしょう。
なぜこのようなことが起こっているのかというと、実はコラーゲンの分子量が大きいからなんです。

皮膚の構造とコラーゲン

皮膚の構造を見てみると、皮膚には薄いバリアが張ってあり、外部からの異物侵入を防いでいます。
このバリアゾーンの網目は非常に細かいため通常のコラーゲンでは通過することができません。
つまり、一般的なコラーゲン化粧品を使っても、肌の奥には浸透していかず、肌の表面に留まっているだけなのです。

コラーゲンを吸収するためにはどうすればいい?

コラーゲンの分子量が大きい、ということは分かりましたが実際にどのくらい大きいのかというと、分子が30万個分結集した大きさとなります。
通常の化粧品はこの30万個の分子が結集したコラーゲンを配合していますから単純な保湿効果は得られても肌の奥の保湿効果まで得られません。

そこで最近登場したのが低分子化したコラーゲンです。
低分子化したコラーゲンは30万個結集したコラーゲンを分解し、4000~8000個に結集したものに変えたのです。
そうするとバリアを張った肌の内側にも浸透するようになり、中には真皮層に直接働きかけてコラーゲンを補給するタイプも出てきました。

分子量の大きさによる肌への影響の違い

コラーゲンの分子量が違うと肌にどう影響が出るのかと言うと、「なじむ」「浸透する」になります。
肌になじむというのは角質層つまり肌の外側でその効果を発揮してくれるということです。
分子量の大きなコラーゲンはこちらにあたり、肌の外側で表面的に潤いを与えるだけになります。

一方浸透するというのは肌の内側の真皮、表皮にまで成分が届くことを意味します。
肌の内側に浸透すれば肌の内側から潤いが保たれることになりますから、表面だけでコラーゲンが活躍するよりもずっと効果があるのです。

このように、コラーゲン化粧品が効かないと思っているのには分子量が大きいという明確な理由があるのです。
効果が高いコラーゲンの分子量は500ダルトン以下とされていますから、動物性コラーゲン30~40万ダルトン海洋性コラーゲン10万ダルトンでは到底浸透しないのです。



page top